全身脱毛を料金・回数・期間で比較

毛穴やムダ毛にまつわるケアは、女性にとっては関心の高いものですね。
でも毛穴ケアやムダ毛処理のやりすぎは、肌を傷めてしまうことにも繋がります。

トラブルを回避し、美しい肌を保つために、正しいケアの方法を知っておきましょう。

脱毛・除毛は少なからず、肌を傷つけます。自己処理の場合は慎重に行いましょう。

基本を守って肌への負担を軽減する。

除毛といえば、「剃る」か「抜く」かということになるです。
どんな方法であれ、除毛は肌の一部を傷つけるもので、トラブルを起こしやすいもの。
でも、どうしても、毛のほうにばかり目が行ってしまい、肌へのダメージを忘れてしまいがちです。
肌への刺激を考えると、抜くよりも剃るほうがオススメなのですが、いずれにしても、基本を守って少しでも肌への負担を和らげるようにしましょう。

剃刀(カミソリ)の特徴を知って自分に合った方法で剃る

剃る場合は、電気カミソリか、またはT字型などの安全剃刀を使うことが多いでしょう。
どちらを使うかは自分の肌質に合わせて選びましょう。
電気カミソリは深剃りできることが特徴ですが、毛を引き込んでカットするために毛穴が鳥肌上にぽつぽつしてる人は、肌が傷つくこともあります。
一方、安全カミソリは自分で加減をしながら剃れることがメリットです。
ただ、カミソリが肌の表面もそぎとってしまうため、肌が乾燥してかゆみが生じる場合もあります。

脱毛は皮膚の一部を引きちぎるということ

脱毛は、剃って処理したときとは違い、見た目や持ちのよさが特徴です。
しかし、毛根から毛を抜くということは、毛根にある毛母細胞という皮膚の一部を引きちぎるということなので、痛みを伴います。
目に見えないかも知れませんが、毛穴の奥では流血もしています。
また、傷ついたところから毛穴の中にいる菌が進入し、毛嚢炎(もうのうえん)やそれによる色素沈着、埋没毛(まいぼつもう)などのトラブルを起こすこともあります。
脱毛方法のそれぞれの特徴を理解したうえで、肌に合うかどうか見極めて行うことが大切です。

いろいろな除毛・脱毛方法

毛抜きによる除毛・脱毛

毛抜きで毛を抜く処理は長くつづけていると、皮膚が硬くなる瘢痕化(はんこんか)や、毛が皮膚にもぐったままになったり(埋没毛)、シミになった利することがあるデメリット・リスクがあります。

除毛・脱毛テープ

脱毛テープは、テープをはがすときに一緒に毛を抜くため、一度に多く抜くことができますが、角質も同時にはがれてしまいます。
皮膚が痛みやすく、炎症やトラブルの原因となり易いため、肌の弱い・デリケートな人、敏感肌の人には向きません。

脱毛ワックス

脱毛ワックスを温めて肌に塗り、固まったら剥がして毛を抜く脱毛方法です。
シートにワックスを付着させたタイプもあります。
脱毛ワックスによる多少のパック効果があり、毛抜きで抜くよりは負担が少ない脱毛方法です。

家庭用脱毛器

皮膚を温めたり、毛の周りを押さえる機械がついている電気式の家庭用脱毛器は、毛抜きで抜くより負担がすくない脱毛方法です。
「レーザーで永久脱毛ができる」とうたった家庭用脱毛器もありますが、レーザーは医療機関でしか扱えません。
家庭用で永久脱毛できる脱毛器はないと考えましょう。

トラブルを最小限に抑える除毛の基本

1.体調の良い日に行う

除毛に適しているのは、終わってからの一週間。生理前や風邪気味で体調が優れないときなどは、皮膚の免疫力が落ちているので除毛は控えましょう。

2.除毛する部分はまず洗って清潔に

皮膚の表面には雑菌がいます。
除毛した部分から雑菌が皮膚の中に入らないよう、まずは除毛する部分を洗いましょう。

3.皮膚も毛も温めて柔らかくする

皮膚も毛も、ケラチン(タンパク質)でできているため、温度が低いと性質上固くなります。
処理する前にお風呂に入るなどして温めて、皮膚と毛を柔らかくしましょう。

4.冷やして炎症を鎮める

除毛後は、少なからず皮膚が炎症を起こしています。
水で冷やしたタオルをしばらく除毛部分に当てるなどして冷やし、炎症を鎮めましょう。

ムダ毛のケアは、肌へのダメージを抑えて慎重に行うことが大切

毛穴のケアはまず皮脂をきちんと落とすことから
人の身体の中で、最も皮脂が多いのは頭皮。次が顔で、背中、胸と続きます。
この皮脂は、放っておくと酸化して「過酸化脂質」という刺激物質に変化し、肌荒れや肌老化の原因になります。
よって、皮脂をしっかり落とすことが大切です。

ところが、毛穴のケアというと、強くこすったり毛穴パックを使ったりして却って肌を傷めていることが多いのです。
毛穴を目立たなくするためには必要なポイントがあります。

  • 毎日の石鹸洗顔で皮脂をしっかり落とす。
  • あぶら取り紙でこまめに顔に浮いた皮脂をとる。
  • たるみ毛穴の予防のためにも、不規則な生活や喫煙、無理なダイエットはやめ、バランスの良い食事を採る。

肌におって除毛・脱毛は少なからずダメージだと知っておく
ムダ毛の処理は、剃っても抜いても肌の一部を傷つけてしまいます。
でも女性にとっては処理しないわけにはいきませんし、さまざまな除毛・脱毛方法がありますね。

ただ、曖昧な知識で安易に除毛や脱毛を行うと肌トラブルを招くことになりかねませんん。

【脱毛の注意点】

  1. 肌によって合う泡ないがあるので、脱毛方法は慎重に選ぶ。
  2. 生理前や体調の悪いときは、除毛や脱毛処理は避ける。
  3. 除毛・脱毛するときは、脱毛する部分をよく荒い、温めてから処理し、脱毛し終わった後は冷やす。
  4. 自己処理でどうしてもトラブルを起こしてしまう場合は、サロンやクリニックでの脱毛を受けたほうが良いです。

身体の皮膚は、カミソリ負け等のトラブルを起こすとシミになりやすく、そういったシミはなかなか消えず何年も残ってしまうこともあるので注意が必要です。

永久脱毛ってどんなもの?

街中や電車、雑誌などで、永久脱毛の広告を見かけない日はありません。
情報が溢れているからこそ、きちんとした知識を身につけて賢く利用しましょう。

正しい脱毛技術で行えば毛は永久に生えてこない

永久脱毛には、大きく分けて2つの方法があります。
「レーザー脱毛」と「電気脱毛」です。

どちらも意思による脱毛プランのもと、きちんとした技術の処理を受ければ、確実に毛を減らすことができます。
なぜ、永久に生えてこないのかというと、レーザー脱毛では毛を生み出す細胞である毛母細胞をはき、電気脱毛では毛根を壊し、どちらも毛を生み出す部分をなくしてしまうからです。

肌が弱く、事故処理のトラブルに悩んでいる人は、永久脱毛も良い方法かもしれません。

永久脱毛は美容皮膚科などで受けられる

現在、永久脱毛は、美容皮膚科や脱毛エステ・脱毛サロンで行われています。
安さばかりを売りにした脱毛エステ・脱毛サロンでは、技術や衛生面に問題がある場合もあります。
価格、安全面、効果など、総合的に考えて、どこの脱毛サロンやクリニックで脱毛するかを決定しましょう。

毛周期(ヘアサイクル)

体毛は3つの時期を繰り返して生え変わっている。

毛には、毛周期(ヘアサイクル)があります。
今、肌の表面に見える毛は、成長期と退行期のものがいりまじている状態で、旧式の怪我皮膚の下で控えています。
表面に見えている毛の約三倍もの毛が、皮膚の下に隠れているといわれます。

休止期

毛穴はさらに小さくなり、やがて毛が抜ける。
毛乳頭ができ、成長期に入る準備が始まる。

退行期

細胞分裂は停止し、毛穴は収縮していきます。

成長期

細胞分裂がさかんに起こっている状態。
毛乳頭から新しい毛が生え、毎日伸びていく。

永久脱毛の方法

レーザー脱毛は短期間で広範囲の脱毛が可能

レーザー脱毛とは、レーザー光線で毛と毛母細胞(毛を生み出す細胞)を焼き、毛を減らしていくものです。
商社は一瞬で、短時間で広範囲の脱毛ができることがメリットです。
ただし、皮膚の上からレーザーの光を当てるため、光が強すぎれば皮膚をやけどし、弱すぎると毛が減らないというジレンマがあります。
特に、色黒の人や日焼けしたあとの肌では、火傷を起こしやすくなります。
まずは医師に相談し、肌を見てもらってから脱毛を始めるようにしましょう。

レーザー脱毛の費用

医療機関や、脱毛を行う範囲にもよりますが、両書きで10~20万円程度が目安です。

レーザー脱毛の注意点

数ヵ月おきに何度も商社すると、炎症が完全に治まらないうちに再びレーザーの光が当たることになり、3~4回目で炎症を起こしてしまうことがあります。
脱毛エステや脱毛サロンで行われている光脱毛は、厳密にはレーザー脱毛ではありません。
(レーザーは医療機関でしか扱えません)

電気脱毛(ニードル脱毛)は時間がかかるが確実に脱毛できる

ひとつひとつの毛穴に針を挿入し、伝記を流して毛根を壊します。
毛根のみに電気を通すため、皮膚の表面へのダメージがなく、敏感肌やアトピー性皮膚炎、日焼け肌など肌質を選ばず、毛の太さも選ばないのがメリットです。
レーザー脱毛よりも、痛みは強くなりますが、医療機関で行う場合は麻酔を用いることもできます。
ただし、脱毛エステ・脱毛サロンで使用している電気脱毛器は電圧が低いため、通電時間が増え痛みが増すことがあります。

電気脱毛(ニードル脱毛)の費用

医療機関や脱毛を行う範囲によりますが、両脇で10~20万円程度が目安です。

電気脱毛の注意点

施術を受ける前に、毛を伸ばしておく必要があるので、すべての毛を永久脱もうするまではある程度時間がかかります。
また、施術者の技術レベルによって、スピード、正確さなど仕上がりに差が出ます。
挿入方法が不確かだと、肌表面に火傷を起こすこともあります。
ただし適切に行えば一本一本確実減らすことができるため、れ0座0打たつもうをしたあとに残った毛などを処理するときにも適しています。

毛穴は肌の“くぼみ”。汚れが詰まっていなくても黒く見える。

毛穴は簡単に小さくなるものではない

「毛穴の汚れが取れる」、「毛穴を引き締める」など、世の中には毛穴ケアをうたった化粧品がたくさん存在します。
毛穴を気にする人はとても多く、毛穴は常に上位に入る肌の悩みです。

しかし毛穴のことを正しく理解してケアしている人は少ないようです。
そもそも毛穴のことを正しく理解してケアをしている人は少ないようです。
そもそも毛穴の大きさは、髪の毛の太い細いと同じで、遺伝的な要因によるもので、簡単に小さくなるものではありません。
また、毛穴が黒く見えるのは、鼻の穴と同じように、くぼんでいるためで、汚れが詰まっているからではありません。
むしろ、毛穴は皮脂を分泌する器官なので、皮脂が詰まっていて当たり前なのです。

毛穴のタイプによってケアの方法も変わってくる。
毛穴の大きさは、そう簡単に変わりません。が、間違ったケアや加齢によって多少目立つようになることはあります。
毛穴に詰まった皮脂は、毎日普通に洗顔すれば落ちるものですが、皮脂が残ったりこすり過ぎたりすると、皮脂とふるい角質が混ざり合って毛穴にフタをする角栓になることがあります。
これを「詰まり毛穴」と呼びます。

一方、加齢などによって真皮のコラーゲンが変質し、毛穴がたるんで目立ってくることもあります。
これが「たるみ毛穴」です。
毛穴はこれらのタイプに合わせてケアするべきなのです。

毛穴のタイプ

詰まり毛穴

皮脂とふるい角質が混ざって毛穴の中に詰まっている状態。
鼻や額など、Tゾーンに多いのが特徴です。
毎日の洗顔できちんと皮脂を落とせていない人や、オイルタイプのクレンジング料でこすりすぎている人などに見られます。

たるみ毛穴

真皮のコラーゲンが変質し、肌が毛穴を支えきれなくなって垂れてきた状態です。
頬に多くみられます。
顔のシワやたるみと同様に、加齢や不規則な生活、喫煙などによって目立ってきます。